2014.12.14 16:58

JTが7年ぶり王座!越川の強打&好サーブでパナ崩す/バレー

第2セット、JT・越川がスパイクを決める=東京体育館

第2セット、JT・越川がスパイクを決める=東京体育館【拡大】

 バレーボールの全日本選手権は14日、東京体育館で女子に引き続いて男子の決勝を行い、JTが昨季のV・プレミアリーグ覇者、パナソニックを3-0で下し、新制度初年度だった2007年度以来7年ぶり4度目の優勝を果たした。

 JTは2メートル12のヴィソット(ブラジル)の強打や越川優の強烈なサーブなどで有利に試合を運び、2セットを連取。第3セットは中盤、16-16と追い上げられたが、越川の強打で突き放すと、終盤は越川のサーブで相手を崩して4連続得点し、押し切った。

ブコビッチ・JT監督の話「私が日本に来てから初めてのタイトルを取れたことをうれしく思う。戦術面、プレーの面、精神面でレベルの高いバレーボールを見せてくれた。私の哲学を吸収し、コートで出してくれた」