2014.11.22 05:00

北海道・東海大四、5年連続42度目の全国切符/春高バレー

 「春の高校バレー」の愛称で親しまれている第67回全日本バレーボール高校選手権大会(サンケイスポーツなど主催)の地区大会決勝が21日、北海道で行われ、男子は東海大四が5年連続42度目、北海道尚志学園が初の全国切符。女子は札幌山の手が3年ぶり9度目、旭川実が3年連続26度目の本大会出場を決めた。

 本大会は東京体育館で来年1月5日に開幕。男女とも6、7日でベスト4までが決まり、10日に準決勝、11日に決勝を行う。

(紙面から)