2014.10.12 17:06

駒大・大八木監督、台風の影響考えて「区間配置をした」/出雲駅伝

 13日に行われる大学三大駅伝の開幕戦、出雲駅伝(6区間45・1キロ)の監督会議が12日、島根・出雲市で開かれた。連覇を目指す駒大の大八木弘明監督(56)は、「チームとしてはいい状態。連覇をしないといけない。選手たちはやってくれると思う」とV2に期待を込めた。

 レース当日は台風19号の影響で、大荒れの天候が予想されるが、「みんな一緒。それを考えて区間配置をした」と戦略に自信を示した。3区(8・5キロ)を担当するエース村山謙太(4年)には「昨年まではムラのある走りだったが、今年はミスしない走りを心がけている。成長してきた」と信頼を寄せた。