2014.10.5 05:03

錦織、日本人初のツアー連勝王手「最後に最高のプレー」/テニス(1/3ページ)

特集:
錦織圭
決勝進出を決めガッツポーズする錦織 (撮影・中鉢久美子)

決勝進出を決めガッツポーズする錦織 (撮影・中鉢久美子)【拡大】

 楽天ジャパン・オープン第6日(4日、東京・有明コロシアム)単準決勝で第4シードで世界ランク7位の錦織圭(24)=日清食品=が、同62位のベンヤミン・ベッカー(33)=ドイツ=を4-6、6-0、7-6で下し、2年ぶり2度目の優勝に王手をかけた。5日の決勝では第3シードで同8位のミロシュ・ラオニッチ(23)=カナダ=と対戦。男女を通じて日本選手初となるツアー出場2大会連続Vを狙う。(観衆=1万2271)

【続きを読む】