2014.9.25 05:06

進撃の怪物!逸ノ城、史上最速デビュー5場所で大関食った/秋場所(1/3ページ)

稀勢の里(手前)を破った逸ノ城。立ち合いで変化したが、史上最速の大関撃破となった(撮影・今野顕)

稀勢の里(手前)を破った逸ノ城。立ち合いで変化したが、史上最速の大関撃破となった(撮影・今野顕)【拡大】

 大相撲秋場所11日目(24日、両国国技館、観衆=9806)大関も食った!! 新入幕の逸ノ城(21)が、初の大関戦で稀勢の里(28)をはたき込み、10勝目を挙げた。幕下付け出しデビューから5場所目の大関戦初勝利は長岡(後の大関朝潮)の6場所を抜く最速白星。幕内2桁白星も最速記録となった(ともに年6場所制が定着した昭和33年以降)。全勝の横綱白鵬(29)を1敗で追い、優勝争いにも絡む大健闘。モンゴル出身の“怪物”は初の三賞受賞も視野に入れた。

【続きを読む】