2014.9.22 11:29

萩野、200M個人メドレー3位通過で決勝へ「気負わず泳げた」/アジア大会

特集:
仁川アジア大会
萩野公介
競泳男子200メートル個人メドレー予選 予選を通過した萩野公介=文鶴朴泰桓水泳場(撮影・桐山弘太)

競泳男子200メートル個人メドレー予選 予選を通過した萩野公介=文鶴朴泰桓水泳場(撮影・桐山弘太)【拡大】

 韓国・仁川でのアジア大会は22日、第4日目を迎えた。競泳は予選が行われ、前日21日の200メートル自由形で金メダルを獲得した萩野公介(20)=東洋大=が、200メートル個人メドレーで2分0秒85の全体3位で決勝に進んだ。

 最後の自由形をゆっくり泳いでの3位通過。萩野は「予選だったしそんなに気負わず泳げた。決勝でどれだけ上げられるかが勝負」と状態の良さをうかがわせた。