2014.7.20 18:55

真央、進退に「揺れ動く部分ある」 現役スケーターから刺激/フィギュア

特集:
浅田真央
約20センチ切ったというボブカットを初お披露目した浅田真央=長野市(撮影・三宅真太郎)

約20センチ切ったというボブカットを初お披露目した浅田真央=長野市(撮影・三宅真太郎)【拡大】

 来季休養を宣言したフィギュアスケート女子の浅田真央(23)=中京大=が20日、長野市のホワイトリングで行われたアイスショー『THE ICE』長野公演に出演した。

 真央が子どもたちに元気を与えた。公演終了後に、東日本大震災の翌日に震度6強の揺れに襲われた長野・栄村の子どもたち約70人との交流イベントに参加。「すごく楽しんでもらえたと思う。笑顔が見られた」と充実の表情を浮かべた。

 またファンからのリクエスト企画で実現した姉・舞さん(26)と共演を喜んだ。ディズニー映画『アナと雪の女王』は鑑賞済みで真央は主人公のアナ、舞さんはアナの姉エルサにふんしてリンクを躍動。「舞と滑るんだろうなと思った。良い思い出になった」と感慨深げ。雪ならぬ銀盤の女王の貫禄を示した。

 来季の休養を宣言したが、現役を続けるスケーターと出演し「刺激を受けた。揺れ動く部分はある」と今後の進退について神妙な表情。グランプリ(GP)シリーズもテレビで観戦するといい、「スケートを観るのは好き。みんながんばれと応援したい」と後輩たちにエールを送った。

 大学の夏休みを利用して旅行する計画を立てている。現在も練習は毎日続けているが、「スケート靴は持っていかない」とリンクから離れ、自分自身を見つめ直す。