2014.7.13 14:41

琢磨、もらい事故でリタイア…ハンターレイが今季3勝目/インディ

 米インディカー・シリーズは12日、当地のアイオワ・スピードウェイで第12戦の決勝(1周0・894マイル×300周)を開催。22選手が出場し、13番手からスタートしたライアン・ハンターレイ(33)=米国、アンドレッティ・ホンダ=が今季3勝目、通算14勝目を挙げた。アンドレッティは当地で5年連続の優勝、通算8度目の大会で6勝目を挙げた。

 レースは2番手スタートのトニー・カナーン(39)=ブラジル、チップガナッシ・シボレー=が残り2周までリードしたが、ハンターレイが逆転。カナーンはこの日、計247周にわたって首位を走行したが、最終300周目で21番手スタートのジョゼフ・ニューガーデン(23)=米国、サラフィッシャー・ホンダ=にもかわされ、3位に終わった。

 16番手からスタートした佐藤琢磨(37)=AJフォイト・ホンダ=は、ミカイル・アレシン(27)=ロシア、シュミット・ピーターソン・ホンダ=のスピンに巻き込まれて47周リタイア。最下位に終わった。(結果は暫定)