2014.6.9 05:01

新井、男子やり投げで初V!アジア大会に「万全で臨みたい」/陸上

優勝したスズキ浜松AC・新井涼平=とうほう・みんなのスタジアム(撮影・桐山弘太)

優勝したスズキ浜松AC・新井涼平=とうほう・みんなのスタジアム(撮影・桐山弘太)【拡大】

 日本選手権最終日(8日、とうほう・みんなのスタジアム)男子やり投げは、4月の織田記念国際で日本歴代3位(85メートル48)をマークした新井涼平(スズキ浜松AC)が81メートル97で初優勝。同じ所属先の先輩で2009年ベルリン世界選手権銅メダルの村上幸史、ロンドン五輪代表のディーン元気(ミズノ)を抑え、「やっと勝つことができた」とホッとした表情。アジア大会の派遣記録A(84メートル32)を突破済みで「万全の状態で臨みたい」と意気込んだ。

(紙面から)