2014.6.8 17:38

岸本、400M障害4連覇も「満足に走れる状態じゃなかった」/陸上

男子400メートル障害決勝、49秒49で優勝した岸本鷹幸=とうほう・みんなのスタジアム

男子400メートル障害決勝、49秒49で優勝した岸本鷹幸=とうほう・みんなのスタジアム【拡大】

 日本選手権最終日(8日、とうほう・みんなのスタジアム)男子400メートル障害は、青森・むつ市出身の岸本鷹幸(24)=富士通=が49秒49で4連覇を果たした。

 大会前に右太もも裏を痛め、「満足に走れる状態じゃなかった。トレーナーに感謝している」とホッとした表情。レース前半から飛ばし、後半はハードリングが崩れた。今後はウエートや体幹など、これまで本格的に導入してこなかった筋力トレーニングに取り組む予定だ。「体さえ作れれば、何とかなることがわかった」とケガ防止を誓っていた。