2014.6.6 05:01

桐生、好記録連発の高速トラックで夢の9秒台へ!/陸上

 今秋のアジア大会(韓国・仁川)代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権が6日、福島市のとうほう・みんなのスタジアムで開幕する。5日は出場選手らが会場で練習した。男子100メートル日本歴代2位(10秒01)の記録を持つ桐生祥秀(18)=東洋大=は7日から登場する。改修工事が施された高速トラックで、夢の9秒台を目指す。

 サッカーJ3福島の本拠地、とうほう・みんなのスタジアムは、3月にトラックなどの改修工事が完了した。5月に行われた福島県高校体育大会では大会新記録が連発するなど、高速トラックの呼び声が高い。桐生はこの日、会場に姿をみせなかったが、同い年で女子短距離の土井杏南(大東大)は、「(表面が)硬い。タイムを出せれば」と好記録を誓った。

(紙面から)