2014.5.21 05:00

【さよなら国立競技場(3)】失敗は許されないスタジアム(2/2ページ)

国立で行われた1991年の世界陸上男子400メートルでファイナリストとなった高野。同年の日本選手権では日本最高記録をマークしていた

国立で行われた1991年の世界陸上男子400メートルでファイナリストとなった高野。同年の日本選手権では日本最高記録をマークしていた【拡大】

 30歳で日本記録を作ったときも含め、常に一生破られない記録を作ろうと思って走ってきた。91年の日本選手権も、目標を持って狙って、そのパフォーマンスができた。苦しいけど自分自身が描いていた通り、それ以上の結果が出たときの気持ちの良さが中毒のようになっていたから、苦しいこともできた。

 国立競技場が改修されるというのは、さみしい。でも、新しい国立競技場はこれなんだと気持ちを切り替えたい。似ていない親子もいますから、似ていない新しい国立競技場もありかなと、思っている(笑)。

★1991年6月16日

 陸上日本選手権・男子400メートル 5月21日に30歳になったばかりの高野は、前半から他を圧倒する走りを見せた。第2コーナー付近で「前の選手が止まってみえた」という程の調子の良さ。200メートルを21秒2、300メートルを31秒9と驚異のラップを刻み、44秒78をマーク。タイムは当時の全米選手権3位に相当するもので、現在も日本記録となっている。

高野 進(たかの・すすむ)

 1961(昭和36)年5月21日生まれ、53歳。静岡・富士宮市出身。富士市立吉原商業高-東海大-東海大大学院。84年ロサンゼルス、88年ソウル、92年のバルセロナ五輪と3大会連続で出場。バルセロナ五輪では、400メートル8位入賞。日本の短距離選手として五輪では60年ぶりの決勝進出を果たした。91年の日本選手権400メートル決勝で現在も日本記録でもある44秒78をマーク。現在は東海大体育学部教授、陸上競技部の監督も務める。

(紙面から)