2014.5.17 13:28

山県、大会新記録で優勝「イメージどおりのレース」/陸上

10秒23で優勝した慶大・山県亮太=熊谷スポーツ文化公園陸上競技場(撮影・桐山弘太)

10秒23で優勝した慶大・山県亮太=熊谷スポーツ文化公園陸上競技場(撮影・桐山弘太)【拡大】

 陸上の関東学生対校選手権第2日が17日、埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われた。男子2部100メートル決勝で、ロンドン五輪代表の山県亮太(21)=慶大=が10秒23(追い風1・5メートル)の大会新記録で制した。「昨晩から(考えていた)イメージどおりのレースができた」と納得の表情。

 16日の予選後に熊谷から都内へ移動し、カイロプラティックの治療を受け、昨秋から苦しんでいる腰痛が和らいだことが功を奏した。「及第点を与えたい。腰の調子がよくなった」と復調を感じとった。