2014.5.16 18:02

土井が100M予選トップで準決勝へ 山県は100M決勝進出/陸上

女子100メートル予選 11秒94で準決勝進出を決めた土井杏南=熊谷スポーツ文化公園陸上競技場

女子100メートル予選 11秒94で準決勝進出を決めた土井杏南=熊谷スポーツ文化公園陸上競技場【拡大】

 関東学生対校選手権第1日(16日、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)女子1部100メートルで、土井杏南(18)=大東大=は予選トップの11秒94で準決勝進出を決めた。また1年生ながら最終走者に抜てきされた女子1部400メートルリレーでは、大東大は46秒61で2組1着だった。向かい風3・5メートルと悪条件だった100メートルは、「後半は上げることができたのでまあまあ」と及第点を与えた。400メートルリレーは練習をほとんどしていなかったといい、「ぶっつけ本番だったけど、チームに貢献できてよかった」と安どした様子で、笑顔を浮かべた。

 100メートルの2部男子でロンドン五輪代表の山県亮太(21)=慶大=が10秒81の1組1着で17日の決勝に進んだ。アンカーを務めた2部400メートルリレーで、慶大は41秒04の予選1組1位で17日の決勝進出を果たした。昨秋に痛めた腰痛に苦しんでおり、「自己ベストの状態が100なら50~60。予断を許さないし、あしたどうなっているかわからない」と厳しい表情。4月29日の織田記念国際後の練習で症状が悪化し、レース後は治療のため都内へ向かう慌ただしさだった。