2014.5.11 16:58

飯塚翔太、久々21秒台に苦笑い「ださいなぁ」/陸上

 セイコー・ゴールデングランプリ東京(11日、国立競技場)向かい風1・2メートルで行われた男子200メートルで、日本歴代3位(20秒21)の飯塚翔太(22)=ミズノ=は21秒24で7位に終わった。「久々の21秒台。情けない。ださいなぁ、ちょっと」と苦笑い。3日の静岡国際の疲労が抜けていなかった。20秒75で日本勢最高の3位に入った高瀬慧(25)=富士通=は、「現時点で課題のコーナーでの走り、力を抜くことはできた」と及第点を与えた。「冬にやってきたことが出せている」と今後の主要大会へ手応えをつかんでいた。