2013.12.24 05:04

立命大ぶっちぎりV!トップ譲らず2位に2分10秒差/駅伝(1/3ページ)

富士山麓に歓喜の声が響いた。優勝した立命大のアンカー・籔下明音はチームメートから胴上げされた (撮影・戸加里真司)

富士山麓に歓喜の声が響いた。優勝した立命大のアンカー・籔下明音はチームメートから胴上げされた (撮影・戸加里真司)【拡大】

 全日本大学女子選抜駅伝(23日、静岡県・富士宮市富士山本宮浅間大社前発、富士総合運動公園陸上競技場着、7区間43・4キロ)立命大が2時間21分48秒で、全日本大学女子駅伝(10月、仙台)に続く大学女子駅伝2冠を達成した。全日本大学女子選抜駅伝としては2008年以来、2大会ぶり7度目の優勝。世界文化遺産に登録された富士山の麓を駆け抜けるレースは、1年生主体の立命大が7区のうち5区で区間賞を奪って圧勝した。

【続きを読む】