2013.12.19 05:01

駒大の3冠導く!“区間新男”村山「力強い走りを」/箱根駅伝

 来年1月2、3日の東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)で、10月の出雲駅伝と11月の全日本大学駅伝に続く、史上4校目の3冠を狙う駒大が18日、東京・世田谷区の玉川キャンパスで練習を公開した。過去2年間は不本意な成績に終わった村山謙太(3年)が鍵を握る存在に成長した。

 「チームの流れを変えられる、力強い走りをしたい」

 1年時は花の2区(23・2キロ)で区間9位、前回大会は山上りの5区(23・4キロ)で同8位に沈んだ。箱根を意識するあまり、走り込み過ぎて左臀部を痛めたことが不振につながった。一方で、アップダウンが激しい重要区間を経験し、バネを生かした走りを起伏に富んだ走路に合わせられるようになった。

 今年は出雲の3区(7・9キロ)、全日本では4区(14キロ)で区間新記録と絶好調。大八木弘明監督(55)から「下半身がぶれず、しっかりしている」と太鼓判を押され、名馬オルフェーヴルばりの3冠を目指す。(江坂勇始)

ガイド

★スタート 往路=2014年1月2日、復路=同3日午前8時号砲
★コース 大手町・読売新聞新社屋前-箱根町・芦ノ湖駐車場入口の往復(往路=108・0キロ、復路=109・9キロ、全10区間=217・9キロ)
★参加 23校
★放送予定 両日ともテレビは午前7時から日本テレビ系で、ラジオは午前7時30分からラジオ日本で生中継

(紙面から)