2013.12.15 05:01

東洋大・設楽啓太“花の2区”で区間賞「狙う」/箱根駅伝

箱根駅伝での健闘を誓う東洋大学・設楽啓太(左)と設楽悠太(右)

箱根駅伝での健闘を誓う東洋大学・設楽啓太(左)と設楽悠太(右)【拡大】

 来年1月2、3日の東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)で2年ぶり4度目の総合優勝を狙う東洋大が14日、埼玉・川越キャンパスで練習を公開した。前回大会の翌日1月4日に、酒井監督から主将に指名された設楽兄弟の兄・啓太は「区間賞を取ったことがないので狙いたい」と有終の美を誓った。3年連続でエースが集う“花の2区”(23・2キロ)を任されており、今度こその思いは強い。卒業後はコニカミノルタへ進み、ホンダへ所属する弟・悠太とは別の道を歩む。「東京五輪に一緒に出られれば」と将来の夢を見据えた。

(紙面から)