2013.11.9 05:02

真央、SP首位発進「レベルアップできた」/フィギュア(1/3ページ)

表現面でレベルアップを図り、自画自賛の演技。浅田真央がSP首位に立った(撮影・大里直也)

表現面でレベルアップを図り、自画自賛の演技。浅田真央がSP首位に立った(撮影・大里直也)【拡大】

 フィギュアスケート・GPシリーズ第4戦NHK杯第1日(8日、国立代々木競技場)女子ショートプログラム(SP)で、第1戦スケートアメリカ覇者の浅田真央(23)=中京大=が71・26点でトップに立った。鈴木明子(28)=邦和スポーツランド=が2位、GPデビューを飾った15歳の宮原知子(大阪・関大高)は6位。男子SPでは高橋大輔(27)=関大大学院=が世界歴代2位の95・55点で首位に立った。織田信成(26)=関大大学院=は3位、無良崇人(22)=岡山国際リンク=は5位だった。

【続きを読む】