スポーツメニュー

ここから本文

スポーツスポーツのRSS

下北沢成徳・大竹、最多38得点/春高バレー

2012.1.9 05:03
操作メニューをスキップして本文へ

 バレーボール全日本高校選手権第4日・準決勝(8日、東京体育館)男女準決勝を行い、女子は「春高バレー」として“5連覇”を目指す東九州龍谷(大分)が、下北沢成徳(東京第1)に3−2で勝利。

 悲願達成はならなかった。下北沢成徳の大竹が打って打って打ちまくり、この日両軍最多の38得点。2、3枚ブロックの徹底マークも意に介さない大活躍だったが、僅差で涙をのんだ。試合後は東九州龍谷のエース、鍋谷と涙を流しながら抱き合い、「5連覇、絶対してね」とエール。卒業後は鍋谷らとともにプレミアリーグのデンソーに進んだ後、代表、そして五輪と新たな夢を追う。「私たちのやれることは全部できた」。最後はきっぱり胸を張った。

(紙面から)


企画特集

注目サイト