スポーツメニュー

ここから本文

スポーツスポーツのRSS

東九州龍谷が下北沢成徳下す/春高バレー

2012.1.8 15:16
操作メニューをスキップして本文へ

 「春の高校バレー」第64回全日本バレーボール選手権の準決勝第2試合は、4連覇を狙う東九州龍谷(大分)が下北沢成徳(東京)との大接戦をを3−2で制し、4年連続7度目の決勝進出を果たした。

 東九州龍谷は第1セットを25−22、第2セットも25−19を連取して王手をかけた。しかし、下北沢成徳に第3セットを20−25、第4セットを23−25で奪い返されてフルセットに持ち込まれた。

 第5セットも行き詰まる熱戦となったが、最大5点差を跳ね返して18−16で下北沢成徳を振り切った。

 東九州龍谷は第1試合の勝者、氷上(兵庫)と9日の決勝で対戦する。

(産経新聞)


企画特集

注目サイト