スポーツメニュー

ここから本文

スポーツスポーツのRSS

美姫2位で五輪へ!ヨナが逆転V/フィギュア

2009.12.5 20:29
操作メニューをスキップして本文へ

 フィギュアスケートのバンクーバー五輪代表選考会、グランプリ(GP)ファイナル第3日(東京・国立代々木競技場)は5日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の安藤美姫(21)=トヨタ自動車=は合計185.94点で2位となり、来年2月に行われるバンクーバー冬季五輪の代表に内定した。

 世界女王でSP2位の金妍児(19)=韓国、キム・ヨナ=が合計188.86点で逆転優勝した。SP5位の鈴木明子(24)=邦和スポーツランド=は合計174.00点で3位に入った。

 女子SP首位の安藤はフリーで2位。合計で金妍児に次ぐ2位となり、日本スケート連盟が定めた選考基準を満たした。安藤はトリノ大会に続く2度目の五輪となる。

 五輪代表は男女ともに3枠。ファイナル進出を逃した浅田真央(19)=中京大=らは25日に大阪で開幕する全日本選手権で残り2枠を争う。

安藤美姫

「演技があまり良くなかったので喜びも半分。(五輪代表内定は)この4年間頑張って成長した、ご褒美だと思う。五輪では3回転−3回転のジャンプが鍵になる。もっと練習して自信をつけたい」

鈴木明子

「昨日より緊張していたが、気持ちを強く持って滑れた。やってきたことが出せたのでうれしい。すぐに全日本があるので一度気持ちをリセットして、臨みたい」

金妍児

「非常に苦しかったが、最後まであきらめずに演技したことで素晴らしい結果を残せた。新しい自信を持つことができた」


企画特集

注目サイト