八角理事長、稀勢は「自分で熱戦を演出してしまった」/秋場所

 
稀勢の里は突き落としで豊山に勝った=両国国技館(撮影・今野顕)

 大相撲秋場所3日目(11日、両国国技館)3横綱が初日から3連勝。8場所連続休場から復帰して進退を懸ける稀勢の里は平幕豊山を逆転の突き落としで下した。他の横綱は鶴竜が勢を突き落とし、白鵬は魁聖を下手投げで退けた。

 大関とりの関脇御嶽海は取り直しの末、小結玉鷲をはたき込んで3連勝とした。大関陣はかど番の栃ノ心が小結貴景勝の引き落としに屈し、初黒星。高安は千代大龍をはたき込んで3連勝し、豪栄道は関脇逸ノ城を押し出して2勝目を挙げた。

八角理事長(元横綱北勝海)の話「稀勢の里は勝負どころで右上手を放して、自分で(熱戦を)演出してしまった。もっと(上手を)引きつけなければいけない。まだまだ甘い。これからだ。御嶽海は内容は良くないが、落ち着いている」

Read more