国枝、3年ぶり7度目のVならず…上地も準優勝 全米オープン車いすの部

 
車いすの部男子シングルスで準優勝の国枝慎吾=ニューヨーク(共同)

 テニスの全米オープン車いすの部は9日、ニューヨークで行われ、男子シングルス決勝で第1シードの国枝慎吾(ユニクロ)は第2シードのアルフィー・ヒューエット(英国)に3-6、5-7で敗れ、3年ぶり7度目の優勝はならなかった。

 女子シングルス決勝で2連覇を狙った第2シードの上地結衣(エイベックス)は第1シードのディーデ・デフロート(オランダ)に2-6、3-6で屈した。(共同)

国枝慎吾の話「この3日間では自分も一番良かったが、相手がそれ以上に良かった。いい課題を来年に向けてもらった。すがすがしくやられたし、気が引き締まる」

上地結衣の話「サービスゲームでラリーになるとポイントを取られてしまう。サーブが入った後にどうやっていくかが課題。相手は前よりもミスが少なくなっている」

Read more