稀勢、待ってました237日ぶり復活1勝!進退場所“難関”初日突破/秋場所

 
勢を一気に寄り切った稀勢の里(左)。進退を懸けた場所を237日ぶりの白星でスタートした(撮影・大橋純人)

 大相撲秋場所初日(9日、両国国技館、観衆=1万936)8場所連続休場から土俵へ復帰した横綱稀勢の里(32)は、東前頭筆頭の勢(31)を寄り切って白星発進。初日からの出場は1月の初場所以来4場所ぶりで、白星は同場所2日目以来237日ぶりとなった。また、連続休場中に出場した4場所はいずれも初日に黒星を喫して途中休場へ追い込まれており、直近の対戦となった平成29年名古屋場所で敗れた勢に完勝したことで大きな関門も突破した。

 これが、稀勢の里だ。横綱だ。館内は千秋楽の結びの一番で、優勝を決めた力士へ送られるような声援と拍手が鳴り止まない。わずか3秒6。今年になってようやく2つ目の白星だが、濃密な勝ち名乗りとなった。

 土俵下。勝ち残りで力水をつけるための待ち時間、立ったまま目を閉じて沈思黙考。去来するものを受け止めているようにもみえた。支度部屋でも表情を緩めなかった。

 「集中してやれた。やることをしっかりやって、自分の力を出し切りたい」

 立ち合い。負傷した左大胸筋などの影響をかき消すように、左腕を固めて左肩から当たる。勢へ圧力をかけ得意の左を差し勝って、迷いなく一気に走って寄り切った。

 この日、部屋での朝稽古は部外者に非公開とされた。横綱になって10場所目。出場した東京場所で朝稽古が初日から公開されなかったのは初めてだ。師匠の田子ノ浦親方(42)=元幕内隆の鶴=は「場所中はバタバタするので基本的にお客さんを入れない方向」と説明したが、横綱への負荷を避ける忖度(そんたく)が働いたようだ。

 だが、稀勢の里自身は人目があろうとなかろうと、やることはやり遂げる。全休した7月の名古屋場所開催中。大関高安ら部屋の力士の稽古が終わり、見学客の姿が稽古場から消えたころを見計らい、横綱は連日、土俵へ現れた。真夏の日差しが強くなる昼前後にたった1人で四股、すり足を黙々と続けた。稽古場に背中を向けることはなかった。

 8月の夏巡業中。稀勢の里はある書物を手にしていた。『言霊はこうして実現する』(大野靖志著、文芸社)。神話と最先端科学の世界を融合させた本の一節にはこうある。「結局、一人一人が神となるしかない。(中略)神にすがりつくのではなく、決意表明をして、神の働きの一つとなるためにご加勢くださいという姿勢が大事」。横綱は神様の依代(よりしろ)。気持ちを映しだしていた。

 進退をかける意向を示して臨む土俵。237日ぶりの白星、優勝した昨年3月の春場所以来となる1年半ぶりの初日勝利に、酔う時間はない。「きょうは今日。あしたは明日…」。土俵人生を左右する闘いは、始まったばかりだ。(奥村展也)

勝負審判として稀勢の里の復帰の白星を見守った貴乃花親方(元横綱)「いい相撲だった。顔に自信があった。やってやるぞという強い気持ちを感じた」

Read more