ATP「錦織は印象的な2週間を過ごした」 世界ランク12位浮上へ/全米テニス

 
男子シングルス準決勝 リターンする錦織圭=ニューヨーク(共同)

 テニス・全米オープン第12日(7日、ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター)男子シングルス準決勝で第21シードの錦織圭(28)=日清食品=は元世界ランキング1位の第6シード、ノバク・ジョコビッチ(31)=セルビア=に3-6、4-6、2-6で屈した。錦織は2014年大会以来2度目、日本勢で大坂なおみ(20)=日清食品=との男女同時の決勝進出を逃した。

 錦織は相手の堅い守備を突き崩せなかった。ジョコビッチとの対戦成績は2勝15敗となり、これで14連敗。男子ツアーを統括するATPの公式サイトは、「錦織は米国の大都会で印象的な2週間を過ごした。日本のスターは右肘の故障からトップ10返り咲きを目指しており、大会後の世界ランキングでは12位に上昇する見込み」と今大会の活躍を評価した。

Read more