稀勢の里、秋場所出場の意向「やるべきことはやった」

 
阿武松部屋に出稽古し、汗を流す稀勢の里=千葉県習志野市

 大相撲の東横綱稀勢の里(32)=本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が6日、秋場所(9日初日、両国国技館)へ出場する意向を示した。進退が懸かる土俵となる。6日午前に千葉県習志野市の阿武松部屋での出稽古後に「しっかり準備はできた。やるべきことはやった」と述べた。

 稀勢の里は先場所まで8場所連続休場で、年6場所制となった1958年以降の横綱でワースト記録だった。在位10場所目で再起を目指し、大きな注目が集まる土俵に向け「本場所と稽古場は違う。しっかり集中してやりたい」と意気込む。

 師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)は東京都江戸川区の部屋で「必死にやっている。いい方向にきている」と語り、連続休場が始まった昨年5月の夏場所以降で「一番いい」との見解を示した。

Read more