速見コーチ、塚原朝日生命から“宮川引き抜き”3度あった/体操

 
速見コーチは会見冒頭で深々と頭を下げて謝罪した(撮影・今野顕)

 体操の2016年リオデジャネイロ五輪女子代表の宮川紗江(18)の指導中に暴力を振るい、日本協会から無期限登録抹消などの処分を受けた速見佑斗コーチ(34)が5日、東京都内で謝罪の記者会見を行った。尻を蹴る行為をはたらいたことも新たに認め、日本協会の塚原千恵子女子強化本部長(71)が監督を務める朝日生命体操クラブへの引き抜きを、宮川がこれまでに3度受けていたことも明かした。

 世間の耳目を集めた会見は、当初の予定を大きく変更して幕を開けた。開始時刻は午後6時から1時間早まり、手狭で入場制限があった会場は大広間で規制なしに。無数のフラッシュを全身に浴びた速見コーチは、冒頭で繰り返し頭を下げた。

 「どんな理由であれ暴力は許されない。暴力に対して『たたかれても仕方ない』と彼女が間違った認識を持つ教育をしてしまった」

 指導歴9年のコーチはかねて協会の調査に対し、宮川の頭をたたくなどの暴力を振るったと認めていた。尻を蹴る行為をはたらいたとも新たに認めながら、「宮川選手と東京五輪、その先に向けて、一緒に再出発が切れる状況をつくっていきたい」と希望した。

 さらに、塚原強化本部長が監督を務める朝日生命体操クラブに、教え子が3度引き抜きを受けたと明言。中学3年時が1度目で、速見コーチもともに誘われた。朝日生命のコーチと会食し、「セットで入ってほしい。(塚原強化本部長の夫の)光男先生から頼まれた」と勧誘されたという。

 昨年10月の世界選手権(カナダ・モントリオール)でも強化本部長の「付き人」から誘われ、今年7月中旬の強化合宿でも勧誘を受けたと説明。引き抜きを認めていない強化本部長とは意見が食い違った。

 2020年東京五輪強化プロジェクトに当初参加しなかった宮川は、近年は不当に国際大会に派遣されず、昨年7月の国内での強化合宿では拠点の味の素ナショナルトレーニングセンターの利用を制限されたという。

 「(強化本部長は)実績がある方なので、怖くて意見を言えない。圧力を感じていた」と速見コーチ。体操女子の混迷は深まるばかりだ。 (鈴木智紘)

速見 佑斗(はやみ・ゆうと)

 1983(昭和58)年9月27日生まれ、34歳。長崎・佐世保市出身。関西高から日体大。2006年から徳洲会体操クラブ在籍し、08年北京五輪の選考に落選後、引退。2010年からセインツ体操クラブでコーチを務める。

Read more