速見元コーチ、宮川への暴力は「たたいてでも、わからせないといけないと思っていた」暴力行為で注意を受けた過去も/体操

 
会見冒頭で頭を下げ謝罪する速見佑斗元コーチ=東京都港区西新橋(撮影・今野顕)

 体操のリオデジャネイロ五輪女子代表、宮川紗江(18)に対する暴力行為で日本協会から無期限の登録抹消処分を受けた速見佑斗元コーチ(34)が5日、東京都内で謝罪会見を開いた。

 速見元コーチは会見で宮川選手に対する暴力について「頭をひっぱたく、髪の毛を引っぱる。ほっぺたを平手でひっぱたいたこともある。お尻を蹴ったしまったこともあった」と振り返った。また指導の過程で手を出してしまったことに「危険な場面、練習に身が入っていない場面を自分自身が厳しく捉えている。当初はケガするくらいなら、命にかかわるくらいなら、たたいてでも、わからせないといけないと思っていた」と、弁明した。

 また暴力行為を伴う自身の指導について過去に所属していた体操クラブで「口頭で注意を受けた」こと、コーチ関係者からも「スタイルを変えていかないといけないかもしれないね」と注意されていたことも明かした。

Read more