帰ってきた強い稀勢!小結玉鷲に9勝1敗「いい状態」

 
稀勢の里(左)は小結玉鷲に9勝1敗。上々の内容だった 

 大相撲秋場所(9日初日、両国国技館)左大胸筋痛などで8場所連続休場中からの復活を目指す横綱稀勢の里(32)は3日、千葉・船橋市の二所ノ関部屋で行われた二所ノ関一門の連合稽古に参加。小結玉鷲(33)を指名して連続10番取って9勝1敗と圧倒した。さきの横綱審議委員会(横審)による稽古総見(8月31日)でも横綱鶴竜、大関豪栄道、栃ノ心と胸を合わせており、連合稽古でさらなる実戦モードへ突入した。

 稽古場だから勝ち負けには気を使わない。やりたいことをやってみる。稀勢の里が右上手を狙った立ち合いや左おっつけ、はず押しからの攻め。得意の左差しにもこだわった。「相手は力があるからね。しっかり集中してやった。いい状態でやれていると思う」。

 稀勢の里は稽古相手に小結玉鷲を指名した。一門の力士の中から当該場所の番付で「三役」を名指ししたのは昨年九州場所前の関脇嘉風(当時)以来。本場所でも対戦する可能性が確実な力士を意識した稽古となった。

 玉鷲は「自分が指名されたことで(横綱の状態が)いつもと違うと思った。圧力もあった。強い。いつもの横綱に戻ってきた」。見守った尾車親方(元大関琴風)も「5月、7月前の稽古に比べれば、全然いい」。横綱の武器でもある「左おっつけ、左差しで前へ出ている。左を使えれば出足につながる。みている限りでは意欲的」と評価した。

 連合稽古は4日も行われる。稀勢の里は「より厳しくやっていきたい」。調整の精度が上がってきた。(奥村展也)

稀勢の里について芝田山親方(元横綱大乃国)「本人も必死だろうが、踏み込みからの攻めに、決めがほしい。左を差すなら差す、押すなら、押す。右(上手)を取るなら、取ると決めた方がいい。そこが勝ち負けより大事だ」

Read more