羽生、今シーズンは原点回帰!SP&フリー新プログラム“披露”/フィギュア

 
拠点のカナダで練習を公開した羽生。原点回帰をテーマに新たな世界観を作り上げる(共同)

 【トロント(カナダ)30日(日本時間31日)=鈴木智紘】フィギュアスケート男子で五輪2連覇を飾った羽生結弦(23)=ANA=が当地で練習を公開。今季の新プログラムを明らかにした。フリーは、ロシアの“皇帝”エフゲニー・プルシェンコの代表曲をモチーフにした「Origin」。ショートプログラム(SP)の「秋によせて」とともに憧れの曲を演じて原点回帰し、クワッドアクセル(4回転半ジャンプ)の成功に挑む。

 「スケート人生の始まり、根源的なものを感じながら滑りたい」

 ループ、サルコー、トーループの3種類4本の4回転を跳ぶ構成で、自ら名付けた起源を意味する「Origin」をフリーで演じ抜く。SPは、元米国選手のジョニー・ウィアーが滑った「秋によせて」を選んだ。プルシェンコと同様に憧れを抱き、美しい演技を手本にしてきた。

 スケート人生の「夢」は4回転半ジャンプの成功。平昌五輪前に痛めた右足首の回復は順調だ。患部の状態と相談しながら、前人未到の大技を積極的に練習で跳ぶ。見通しが立てばフリーの冒頭に組み込む。

★大輔と…「楽しみ」

 羽生が、現役復帰した高橋大輔(32)=関大KFSC=とリンクに立つ日を心待ちにした。「一緒に滑る機会が全日本であるかもしれない。それは楽しみ」。高橋は現在、左太もも内側の肉離れを抱えるが、12月の全日本選手権を目指し、予選を兼ねた10月の近畿選手権での復帰を見据える。

Read more