白鵬、稀勢にハッパ 豪栄道に敗れたところで“もう一丁”促す

 
稽古総見で汗を流す御嶽海(左)と白鵬=両国国技館の相撲教習所

 大相撲秋場所(9月9日初日、両国国技館)に向けた横綱審議委員会(横審)の稽古総見が31日、東京・両国国技館内の相撲教習所で行われた。

 第一人者の白鵬が同じ横綱として、8場所連続休場から復活を目指す稀勢の里に“もう一丁”を促した。

 申し合いで稀勢の里が大関豪栄道に負けて他の力士と代わろうとしたところで声を掛け、再戦を勧めた。稀勢の里の雪辱につながり、白鵬は「ハッパを掛けた。そこで大関に勝って乗っていけるから」と説明した。

 自身は関脇御嶽海や平幕正代らに9戦全勝。横綱審議委員会から苦言を呈された立ち合いでの張り手を見せる場面もあったが、まわしを引いた攻めに安定感があった。両膝や左足首に不安を抱えるため「慎重にいきたい。一日一日、大事にしてやっていきたい」と話した。

Read more