羽生結弦、今季の新プログラム明かす「初心に帰ってスケートを楽しみたい」/フィギュア

 
公開練習を終えて取材に応じた羽生結弦=カナダ・トロント

 【カナダ・トロント30日(日本時間31日)】フィギュアスケート男子で平昌五輪で2連覇を飾った羽生結弦(23)=ANA=が拠点とする当地で練習を公開し、今季の新プログラムを明らかにした。

 ショートプログラム(SP)は、元米国選手で五輪に2度出場したジョニー・ウィアーも演じた「秋によせて」。フリーは、元世界王者で“ロシアの皇帝”エフゲニー・プルシェンコが名演した「ニジンスキーに捧ぐ」をアレンジし、自ら名付けた「Origin」。「スケート人生の起源」との意味を込めた。

 いずれも羽生が幼少期から憧れを抱くスケーターの代表曲で、「この曲で自分のプログラムにできたら楽しいだろうと思った。初心に帰ってスケートを楽しみたい。まだ伸びしろがある」と説明した。

 これらのプログラムを演じるにあたり、羽生は自らが4月に企画したアイスショー「Continues ~with Wings~」で2人と共演した際に許可をもらい、背中を押されたという。

 前人未到のクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)の成功を目標に掲げる。まだ練習では1度も決められていないと明かしたが、今季中にフリーの冒頭に組み込む構えだ。絶対王者は「GOEで加点をもらえるくらいでないと。最高のアクセルを目指したい」と意欲的だった。

Read more