日大OC、多くの学部で来場者減 アメフット問題影響か

 

 日本大が受験生向けに今年実施したオープンキャンパス(OC)の来場者数が多くの学部で前年より減少していることが27日、日大教職員組合の調査で分かった。組合は、アメリカンフットボール部の悪質反則問題の影響を指摘。「経営面への影響も大きく、大学の存立を脅かす事態だ」として、大学側に改善を求めている。

 組合の調査によると、商学部が7月15日に実施したOCの参加者は1876人で、前年度の2662人から29・5%減り、同学部の6月のミニOCでは参加者が約半分に落ち込んだ。ほかに文理学部が30・7%減、法学部が21・2%減と大幅に減った。

 一部の学部では参加者が増えたものの、状況を把握できた10学部の平均は18・2%減となった。

 組合は大学執行部に対して志願者の減少を食い止めるための具体的な改善策を示すよう要求。弁護士事務所による公益通報窓口の設置なども提案している。

 大学執行部はこうした要求に関する組合からの団体交渉の申し入れを拒否しているという。

Read more