山本部長が語った阿部一二三の素顔

サンスポ×日体大
東京・世田谷キャンパスの柔道場で、正座をしてポーズを取る(左から)具志堅学長、阿部、山本部長。柔道の創始者、嘉納治五郎の写真が飾られている (撮影・佐藤雄彦)

 阿部一二三(3年)を指導する山本洋祐部長が、成長を続けるまな弟子の魅力と素顔を明かした。師弟は「常に3倍努力」をテーマに掲げ、二人三脚で世界の頂点を目指す。

 阿部の特徴はなんと言っても担ぎ技だろう。私が最初に阿部を見たのは中学3年の頃で、「すごいな」と、すっかりほれ込んでしまった。

 釣り手と引き手を持って組んで投げるもろ手背負いを得意とする。日体大OBで1992年バルセロナ五輪の男子71キロ級金メダルの古賀稔彦は晩年、一本背負いで結果を残したが、もともとはもろ手背負いが得意だった。そのときの柔道とよく似ている。「平成の三四郎」の異名を持つ先輩に対し、阿部も新たな時代を築く可能性を持っている。

 今は担ぎ技だけではなく、幅を広げるために逆技と寝技などを強化している。世界王者になり、警戒されるようになった。挑戦者は阿部を倒そうと2倍、努力してくるはずだ。阿部は「常に3倍努力」をテーマに掲げて稽古に打ち込んでいる。

 私生活では非常に友達思い。大会に向けて校内予選があるときは仲間の打ち込み相手を引き受けてくれる。団体戦のときも応援の声が一番響いている。本人は「いつも自分がやってもらっているから」と話すが、友達のために、チームのために、という気持ちが強い。

 今年の目標は9月の世界選手権で2連覇し、11月のGS大阪で優勝して東京五輪のプレ大会となる来年の世界選手権出場権を得ること。東京五輪まであと2年、ナショナルチームとも連携を図りながら突き進んでいきたい。(日体大柔道部部長)

日体大の松浪健四郎理事長「東京五輪・パラリンピックには、学生と卒業生を合わせて70人超の代表選手を輩出したい。金メダルの目標は8~10個。昨年は世界選手権で優勝した学生が5人いたから、不可能な数字だとは思っていない。柔道の阿部選手は世界でも強さが抜き出ており楽しみ。来春には妹が入学してくる。けがにはくれぐれも注意して、きょうだいで金2個を獲得してほしい。選手強化だけでなく、開会式への協力や積極的なボランティア活動で大会を支えることも重要。日体大だからこそできることがある」

★阿部の今後

 27日開幕のグランプリ(GP)ザグレブ大会(クロアチア)に出場する。優勝した3月のグランドスラム(GS)エカテリンブルク大会以来の実戦で、9月の世界選手権へ弾みをつける。世界選手権と11月に出場するGS大阪(大阪市中央体育館)を優勝すれば、来年8月に日本武道館で開催される世界選手権の日本代表に内定する。

山本 洋祐(やまもと・ようすけ)

 1960(昭和35)年6月22日生まれ、58歳。熊本県出身。熊本・宇土高から日体大。柔道65キロ級で87年世界選手権金メダル、88年ソウル五輪で銅メダルを獲得。引退後は、2008年に北京五輪男子日本代表コーチ、16年のリオデジャネイロ五輪では日本柔道チームリーダーを務めた。1メートル68、75キロ。

日本体育大学

 1891(明治24)年に体育会を創立。92年に「日本」を冠して日本体育会へ改称。93年、日本体育会体操練習所を設置。1900年に日本体育会体操学校、41年に日本体育専門学校へ改称。49年に現名称となった。体育学部、スポーツ文化学部、スポーツマネジメント学部、児童スポーツ教育学部、保健医療学部からなる私立大学。東京・世田谷キャンパスと横浜・健志台キャンパスを有する。具志堅幸司学長。

阿部 一二三(あべ・ ひふみ)という男

 ★生まれなど 1997(平成9)年8月9日生まれ、20歳。神戸市出身。日体大体育学部(武道学科)3年。 ★競技歴 6歳の時、地元の「兵庫少年こだま会」で柔道を始める。和田岬小から神戸生田中に進み、神港学園高2年の2014年8月に南京ユース五輪66キロ級を制覇。 ★シニア大会 14年11月の講道館杯全日本体重別選手権でシニア大会初出場し、男子史上最年少優勝(17歳2カ月)を果たした。グランドスラムは14年東京、16年チュメニ、東京、17年パリ、東京、18年エカテリンブルクで優勝。 ★女子に敗戦も!? 小学生のとき、試合で現在女子63キロ級の鍋倉那美(21)=三井住友海上=に投げられて負けたことがある。それが悔しくて本格的に稽古に打ち込むようになった。 ★父と二人三脚 消防士の父、浩二さんと小学校低学年の頃から、メディシンボールを使った腹筋で体幹を強化。 ★験担ぎ 試合では赤いパンツを着用する。理由は「闘争心がかき立てられるから」。 ★憧れ 同じ軽量級で五輪3連覇の野村忠宏氏。野村氏を超える五輪4連覇が夢。 ★妹・詩も注目 女子52キロ級の詩(うた、18)=兵庫・夙川学院高3年=は昨年、全国高校総体で優勝し、全国高校選手権も制して2冠を達成。 ★名前の由来 両親が「一歩一歩進んでいってほしい」との思いから名付けた。 ★好きな言葉 努力は天才を超える。 ★18年のテーマ 進化。 ★データは非公表 握力、腹筋、背筋など身体的なデータは非公表。理由は関係者によると「阿部が不利になる情報は一切出さない」。 ★好物 焼き肉。 ★嫌いな食べ物 数の子。「昔から嫌い」。 ★健康 大学1年から風邪をひいたことがない。 ★きれい好き 道着を他人に触らせない。自分で洗濯する。 ★家族 父・浩二さん、母・愛さん、兄・勇一朗さん、妹・詩。 ★サイズ 1メートル68、66キロ級。

Read more