「賞に恥じぬスケートを」国民栄誉賞の羽生、気持ち新たに

 

 フィギュアスケート男子で冬季五輪を2連覇した羽生結弦(23)=ANA=は2日、官邸で行われた国民栄誉賞授与式に臨み、今シーズンに気持ちを新たにした。「これからも自分の名に、国民栄誉賞の名に恥じないスケートをしていくことが大事。(世界初の4回転半ジャンプ成功など)達成したいことはいろいろまだある」と思いを口にした。

 痛めた右足首の状態も良くなっている。グランプリ・シリーズは11月に第3戦のフィンランド大会、第5戦のロシア杯に出場し、12月の全日本選手権に備える予定。4年後の北京五輪については「特に考えていません」と話した。

 仙台市出身の羽生は人間国宝の甲田綏郎さんから贈られた故郷伝統の織物のはかま姿で晴れ舞台に登場した。2011年の東日本大震災では避難所生活を経験し「賞をもらったことで(被災者が)少しでも希望を抱けるきっかけや皆さまの心が一つになる存在になりたい」と語った。受賞者の希望も込められる恒例の記念品については「皆さまとともに取れた賞。僕個人の気持ちはあまり出したくない」と辞退した。

Read more