高橋大輔氏、電撃現役復帰!引退から4年…羽生らと「全日本で」勝負/フィギュア

 
笑顔で現役復帰を発表した高橋。「自分のスケートを取り戻す」と力強かった

 フィギュアスケート男子で2010年バンクーバー五輪銅メダリストの高橋大輔氏(32)が1日、18-19年シーズンから現役復帰すると発表した。14年10月に引退を表明してプロスケーターとして活動していたが、異例の第一線復帰。長年師事した長光歌子コーチ(67)の下で再起を図るといい、同日夜に東京都内で会見を開いて心境などを語った。

 電撃復帰だ。4シーズンのブランク。32歳での決断。高橋が銀盤に戻ってくる。午後8時半からの会見に、爽やかな笑顔で臨んだ。

 「現役という形でやって納得がいってから、次にいかないといけないんじゃないかなと思った」

 まず目指すのは12月の全日本選手権。8月のアイスショーに出演後、全日本の予選を兼ねた10月の近畿選手権が復帰戦となりそうだ。「(復帰は)1年限定のつもりだが、気持ちが変わるかもしれない」と意欲的。「全日本の最終グループに入って(羽生らと)6分間練習を一緒に滑りたい」。五輪連覇の羽生結弦(23)=ANA=との対決も熱望した。

 復帰のきっかけは、平昌五輪代表選考会だった昨年12月末の全日本選手権。現場で観戦し、「この緊張感の中で滑りたい」と思った。母親のように慕う長光コーチの自宅で年を越し、新年になってまもなく「先生、現役に戻りたい」と突然打ち明けた。長光コーチは「すとんと、ふに落ちた」。高橋は長光コーチのもとで、既に本格的な練習を再開している。

 もともと悔いはあった。引退前は右膝故障に泣いた。3度目の五輪で悲願の金メダルを目指した2014年ソチ大会で6位。直後に日本開催だった世界選手権には出場できなかった。同年10月14日の引退発表会見でも「現役に未練がないわけではない」と、含みを持たせていた。

 10年バンクーバー五輪での表彰台、同年世界選手権や12年グランプリ(GP)ファイナルの優勝は、いずれも日本男子初の快挙。その後、羽生や平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=が引き継いできた。

 会見に先立ち発表したコメントで、「引退前に感じることができなかった『競技人生やり切った』と思える演技をしたい」と誓った。今も右膝に不安を抱えるが、完全燃焼へ羽生・宇野の“2強”に真剣勝負を挑む。

長光歌子コーチ「4年前の世界選手権で膝が悪く、それを心配しすぎて出場をやめるのを勧めたのが私。それが一番悪い指導だったと引っかかっていた。本当に全日本選手権まで行ければうれしい」

日本スケート連盟フィギュア委員長の伊東秀仁氏「びっくり仰天。心ゆくまで頑張ってほしい。アイスショーをやってきて、習ったものがどう生かされるかで変わってくる」

2002年ソルトレークシティー五輪男子4位の本田武史氏「競技者として、もう一度頑張るからには応援したい。あれだけの実績を残した選手。目の前で見られるのは(他の)選手にとってもプラスになると思う」

高橋 大輔(たかはし・だいすけ)

 1986(昭和61)年3月16日生まれ、32歳。岡山・倉敷市出身。岡山・倉敷翠松高-関大-関大大学院。8歳で競技を始める。2005年スケートアメリカでGPシリーズ初優勝。五輪は06年トリノ8位、10年バンクーバー銅、14年ソチ6位。世界選手権は10年金、07年と12年銀。GPシリーズ通算9勝(ファイナル1勝を含む)。全日本選手権優勝5度。14年に現役引退を表明。その後は国内外のアイスショーを中心に活動している。現役時のサイズは1メートル65、59キロ。

Read more