羽生、平昌後“初”4回転!右足首の順調な回復ぶりをアピール/フィギュア

 
4回転ジャンプを成功させた羽生。神戸のファンから黄色い声援を浴びた((C)Fantasy on Ice 2018 in KOBE)

 平昌五輪のフィギュアスケート男子で五輪2連覇を果たし、今月1日に国民栄誉賞受賞が決まった羽生結弦(23)=ANA=が15日、神戸ワールド記念ホールで行われたアイスショー「ファンタジー・オン・アイス」神戸公演に出演。オープニングで大技の4回転トーループを軽やかに成功した。

 羽生は2月の平昌五輪で金メダル獲得後、右足首治療のため3月の世界選手権を欠場。4月以降はアイスショーに参加してきた。この日は五輪後初めて報道陣の前で4回転ジャンプを決め、順調な回復ぶりをアピールした。

 来季に向けて「新しいプログラムで自分を出したい。新たな決意を胸に自分自身が一番楽しんで滑りたい」と口にしていた羽生。松任谷由実の「春よ、来い」に乗せたプログラムで3回転ループを決めるなど、存在感は抜群だった。

Read more