羽生が驚きの告白「自転車乗れない」/フィギュア

 

 日本スケート連盟の表彰式が26日、東京都内で行われ、平昌冬季五輪でフィギュア男子金メダルの羽生結弦(ANA)、スピード女子で金、銀、銅メダルの高木美帆(日体大助手)が最優秀選手に相当するJOC杯を受賞した。

 表彰式では平昌冬季五輪のメダリストらによるトークショーが行われた。スピードの練習で使われる自転車型トレーニング器具の話題が熱を帯びたが、フィギュア男子の羽生は「僕自身、(通常の)自転車に乗れない」と驚きの告白をした。

 スピード女子団体追い抜き金メダリストで現役を引退した菊池彩花さんからは羽生に対し「(トークショーの出席者全員に)ぜひ、あだ名をつけてほしい」とリクエストがあった。五輪2連覇の銀盤の王者は笑みを浮かべ、自身で考えた一人一人のニックネームを披露する一幕もあった。

Read more