賀川浩観戦記

2019.3.27 12:00

中島の思い切りの良さが膠着状態打ち破った

 キリンチャレンジ杯(26日、日本1-0ボリビア、ノエスタ)元大阪サンスポ編集局長でW杯10大会の取材実績を誇る現役最年長のサッカージャーナリスト、賀川浩氏(94)が26日、日本-ボリビアを現地取材。平成最後の代表戦を記者席から見届けた大正生まれのFIFA(国際サッカー連盟)会長賞受賞ライターはゴールを奪うための“摩擦”を求め、思い切りが生んだ後半31分のMF中島翔哉(24)=アルドハイル=の決勝ゴールを評価した。【続きを読む】

新着ニュース

新着フォト

  • 【賀川浩観戦記】中島の思い切りの良さが膠着状態打ち破った
  • 【賀川浩観戦記 さぁロシアへ】日本はエムバペ級ロングシュート力向上を
  • 【賀川浩観戦記 さぁロシアへ】2-0が危ない格言のある日本と2-0なら確勝の強国、これが世界との差
  • 【賀川浩観戦記 さぁロシアへ】賭けに勝った西野監督、終盤のボール回しで0-1死守
  • 【賀川浩観戦記 さぁロシアへ】勝負所で力出し切れ 選手の「監督化」で日本躍進
  • 【賀川浩観戦記 さぁロシアへ】香川らのコンディション上げた西野ジャパンの底力
  • 【賀川浩観戦記 さぁロシアへ】コロンビア戦あと6日 ドリブル突破も期待できる
  • 【賀川浩観戦記 さぁロシアへ】本番で守備的にならざるをえなくなった西野ジャパン
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. サッカー特集一覧
  4. 賀川浩観戦記