2021.5.10 05:01

チーム得点王の町田がヘッド!鹿島、初連勝で9位浮上

チーム得点王の町田がヘッド!鹿島、初連勝で9位浮上

 明治安田J1第13節最終日(9日、鹿島3-0FC東京、カシマ)今季初の2連勝。立役者は鹿島の若き門番、DF町田だ。0-0の前半22分。左CKでゴール前に上がると、190センチの長身を伸ばして頭でコースを変え、右サイドネットを揺らした。

 「チームの狙い通りに点が取れた。だいぶ得点感覚がつかめてきた」

 ここ4試合で3ゴールを挙げ、センターバック(CB)ながら早くも今季4点目。MF荒木、FW上田と並びチーム最多となった。守っても、相馬監督就任後の4試合は1失点と堅守が戻り、今季最高の9位まで順位を押し上げた。

 3月には東京五輪世代のU-24(24歳以下)日本代表に招集され、強豪アルゼンチンと強化マッチ2試合を戦った。第2戦ではフル出場して3-0の完封勝ちに貢献。Jリーグでセットプレーの得点源としても存在感を示せば、DF板倉(フローニンゲン)らとの代表争いにプラスに働く。

 「これから上位との戦いもあるので、継続していきたい」。中2日で迎える上位の名古屋戦へ、口元を引き締めた。

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ