2021.5.4 23:45

元インテル会長、古巣のさらなる進化へエンゴロ・カンテの獲得を要望「スナイデルを思い出す」

元インテル会長、古巣のさらなる進化へエンゴロ・カンテの獲得を要望「スナイデルを思い出す」

元インテル会長、古巣のさらなる進化へエンゴロ・カンテの獲得を要望「スナイデルを思い出す」

元インテル会長、古巣のさらなる進化へエンゴロ・カンテの獲得を要望「スナイデルを思い出す」【拡大】

 元インテルミラノ会長のマッシモ・モラッティ氏が3日、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに対応。古巣の11年ぶりのセリエA制覇に歓喜しつつチームについて見解を示した。

 モラッティ氏は、1995年2月~2004年1月および2006年9月~2013年11月の2期にわたってインテルミラノの会長を務め、2010年にはジョゼ・モウリーニョ指揮下でトリプレーテ(3冠)を達成。その後も2014年10月まで名誉会長としてチームに尽力したことで知られる。

 そんなモラッティ氏は、自身が会長を務めていた2010年以来となるインテルミラノのスクデット獲得を喜んでいる。「最高に幸せだったよ。もはや結果は分かっていたが、それでも決定の瞬間はいつだって特別なものだ。私は家族と一緒にお祝いをしたよ」と明かした。

 ■コンテのインテルミラノはトラパットーニ指揮下のよう

 続いて元インテルミラノ会長は、コンテが作り上げたチームについて持論を展開。1980年代後半から指揮を執ったジョヴァンニ・トラパットーニの時代と比較した。

 「私の時代のインテルミラノというよりトラパットーニの頃のインテルミラノを想起する。本当に気迫に満ちたチームで、スクデットを獲得したシーズンは驚くべきものがあった。それからリーグ優勝した他の時期のチームとも似ているように思う。今の選手たちは非常に素晴らしい。往年の選手たちとの比較を喜んでいるようだが、彼らも優勝を重ね、将来の模範になって欲しい」

 「コンテは、モウリーニョだけでなく(エレニオ)エレーラやトラパットーニとも共通点があるように思う。いずれも真摯なプロフェッショナルであり、勝利への意欲を持ち、選手全員に目標到達への意欲を植え付けることができる。例えば直近の試合は簡単ではなかったはず。ポイント差は10ポイントに広がり、気が緩んでしまうものだ。しかしコンテは力を与え続けた」

 続いてモラッティ氏は今夏のインテルミラノの移籍市場について言及。チェルシーに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテの獲得を推しつつ、その姿をトリプレーテ達成の2009-10シーズンに加入したMFヴェスレイ・スナイデルに重ねた。

 「カンテのような選手がいればより楽になる。チームをより良く完成へと導けるクオリティをすべて持ち合わせているからね。スナイデルを獲得した頃を思い出す。あの頃のチームはすでにかなり強かったが、彼が加わったことでプレーのスピードがさらに上がった。ただ強いだけでなく最高のチームへと仕上がったんだ。カンテを獲得することで同じことが起きる可能性があると思うよ」(Goal.com)