2021.5.3 02:47(1/2ページ)

インテルミラノの11年ぶりセリエA優勝決定!通算19回目のスクデット獲得、ユベントス一強時代に終止符

インテルミラノの11年ぶりセリエA優勝決定!通算19回目のスクデット獲得、ユベントス一強時代に終止符

インテルミラノの11年ぶりセリエA優勝決定!通算19回目のスクデット獲得、ユベントス一強時代に終止符

インテルミラノの11年ぶりセリエA優勝決定!通算19回目のスクデット獲得、ユベントス一強時代に終止符【拡大】

 セリエAは2日に各地で第34節が行われた。

 2位アタランタは、敵地でサッスオーロと対戦。前日に首位インテルミラノが勝利したため、引き分け以下で終えれば今季のスクデットを譲ってしまう状況で、難敵とのアウェイゲームを迎えた。

 前半、相手の攻撃に苦戦するアタランタは数回危険なシーンを作られたが、GKゴッリーニをはじめとした守備陣がボックス内ぎりぎりの対応でしのぐ。しかし22分に大きな判定。ボカにDFラインの背後に抜け出さられると、ボックスを飛び出したGKゴッリーニがブロック。これが決定機阻止として、VARレビューでも判定は覆らず、守護神は一発退場となった。

 数的不利で苦しくなったアタランタだったが、32分に先制に成功。ボックス内に侵入したゴセンスが、滑り込みながらのダイレクトボレーで確度のないところからネットを揺らした。その後数回ピンチを迎え、42分にサパタがネットを揺らすもファウル判定でノーゴールに。すると50分、ボックス内でトロイが相手を倒してPKを献上。これをベラルディに決められ、同点に追いつかれた。

【続きを読む】