2021.5.3 13:05

キーン氏、マンUのプレミアV奪還へ新FW求める「カバーニが残留しないことを望む」

キーン氏、マンUのプレミアV奪還へ新FW求める「カバーニが残留しないことを望む」

キーン氏、マンUのプレミアV奪還へ新FW求める「カバーニが残留しないことを望む」

キーン氏、マンUのプレミアV奪還へ新FW求める「カバーニが残留しないことを望む」【拡大】

 元マンチェスターUのロイ・キーン氏は、エディンソン・カバーニの退団を望んだ。

 昨夏にフリートランスファーでマンチェスター・Uに加入したカバーニ。当初はプレー時間が限定的だったことから、延長オプションは行使されず、今夏に退団するのではないかとも考えられていたが、先日のヨーロッパリーグ(EL)準決勝ローマ戦で大活躍。オーレ・グンナー・スールシャール監督も残留を望むなど、来シーズンもチームの一員としてプレーする可能性が高まったと見られる。

 しかし、マンチェスター・U元主将のキーン氏は、チームがプレミアリーグ優勝するためには別のストライカーが必要であるとの見解をイギリス『スカイスポーツ』で示した。

 「彼らが彼を引き留めないことをいくらか望んでいる。彼は34歳だ。ユナイテッドのリーグタイトル奪還のために来年もカバーニを信頼しようとするなんてやめてくれ。彼はバックアップのストライカーだが、彼自身はバックアップのストライカーだなんて考えてもいない。だから、契約延長へのサインをためらっているし、背景には家族の存在もあるだろう」

 30歳を超えてからプレミアリーグに初挑戦したカバーニだが、新型コロナウイルスの措置で合流が遅れたり、不適切な投稿による出場停止処分を科されたりと、ピッチ外以外の事情も重なり、ボカ・ジュニオルス行きなど今夏の南米復帰が報じられている。(Goal.com)