2021.5.3 06:05

リバプール戦前に大騒動…1000人以上のマンUファンが本拠地に押し入り首脳陣へ抗議

リバプール戦前に大騒動…1000人以上のマンUファンが本拠地に押し入り首脳陣へ抗議

リバプール戦前に大騒動…1000人以上のマンUファンが本拠地に押し入り首脳陣へ抗議

リバプール戦前に大騒動…1000人以上のマンUファンが本拠地に押し入り首脳陣へ抗議【拡大】

 大勢のマンチェスターUのサポーターが2日にオールド・トラッフォードに押し入り抗議活動を行った。

 4月中旬の欧州スーパーリーグ創設が発表されて以降、各クラブでサポーターによる抗議が巻き起こる。これを受け、マンチェスター・Uは他のプレミアリーグ勢とともに新リーグから脱退したが、ファンのクラブ首脳陣に向けられた目は厳しく、先日も複数のファンがカリントンの練習場に押し入り、抗議の声を上げていた。

 そして、リバプールとの大一番が行われる2日の午後1時、1000人を超えるサポーターが試合会場である本拠地オールド・トラッフォードに集結。柵を押し倒してグラウンドに立ち入り、“グレイザー出ていけ”とオーナーの退陣を求めるチャントが鳴り響いた。さらに、一部はバナーだけではなく、発煙筒を所持し、ドレッシングルームへ向かおうとするサポーターも確認されていた。

 スタジアムに侵入したサポーターたちはすぐさま警察や警備員により立ち退きを命じられるが、騒動は収まらず。また、マンチェスター・Uの面々が滞在するロウリー・ホテルにも一部のファンが集結し、選手やスタッフはこの間ホテルで足止めを食らっていた。

 そして、最終的にこの日のマンチェスター・U対リバプールの延期が決定。ホームクラブは声明の中で、この決断に至った理由について「私たちのファンはとても情熱的で、表現の自由や平和的な抗議を認めている。しかし、この混乱や他のファンやスタッフ、警察を危険にさらす行為には失望している」と暴徒化したサポーターの行為を断罪した。

 なお、マンチェスター・Uのサポーターは、以前から2005年にオーナーとなったグレイザー家に対して反発を強めており、今回の欧州スーパーリーグへの参加がさらにファンの怒りを買ったと考えられている。(Goal.com)