2021.4.24 20:35

INAC神戸の新戦力成宮唯がいきなり2ゴール プレシーズン開幕戦で長野に3-0快勝

INAC神戸の新戦力成宮唯がいきなり2ゴール プレシーズン開幕戦で長野に3-0快勝

前半42分、頭で2点目のゴールを決めたINAC神戸MF成宮唯(右)。MF中島主将(左)から祝福される(撮影・大澤謙一郎)

前半42分、頭で2点目のゴールを決めたINAC神戸MF成宮唯(右)。MF中島主将(左)から祝福される(撮影・大澤謙一郎)【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 9月に開幕する日本初の女子プロサッカー、WEリーグのプレシーズンマッチが24日に始まり、初代王者を狙うINAC神戸が大阪・堺市内のJ-GREEN堺で長野と対戦し、3-0で勝利した。市原・千葉レディースから新加入のMF成宮唯(26)が2ゴールを挙げた。

   ◇

 試合開始からボールをしっかりとキープするINAC神戸が、あっさりと相手ゴールをこじ開けた。前半23分、左CKから、新戦力の成宮が味方のシュートのこぼれ球にしっかりと反応、頭で押し込んで先制点。前半42分にはCKから、相手のクリアミスを逃さず、再び頭で押し込んで、2点目のゴールを奪った。

 「相手のやりたいことをやらせず、チームとして得点できたのは良かった。セカンドボールを意識してプレーしている。うまくボールに反応できた」。

 自身のプレースタイルについて「どちらかというとゲームを作っていくタイプではない。ゴールの近くでプレーしたい」と自己分析する。星川監督は「運動量が多く、フィニッシュには必要な選手。もっと前に出てプレーをしてほしい」と積極的にゴールに絡むプレーを期待した。

 黄金時代を築いた星川監督を再び招き入れ、WEリーグ初代王者を狙うINAC神戸。オフには主力の大量流出もあったが、名将の指揮の下、新戦力が早くも順応。幸先の良いスタートを切った。(平野佑治)

成宮唯(なるみや・ゆい)

 1995年(平成7年)2月22日生まれ、26歳。京都市出身。小1から太泰サッカー少年団で競技を始め、中学進学時にJFAアカデミー福島2期生となる。2012年にはU-17女子W杯に出場。仙台、高槻、市原・千葉レディースを経て、今季からINAC神戸に加入。154センチ、利き足は右。MF。