2021.4.19 00:09

名古屋が鳥栖に敗れて今季初黒星 9試合連続無失点の堅守を崩したのは“ビースト”林大地

名古屋が鳥栖に敗れて今季初黒星 9試合連続無失点の堅守を崩したのは“ビースト”林大地

名古屋が鳥栖に敗れて今季初黒星 9試合連続無失点の堅守を崩したのは“ビースト”林大地

名古屋が鳥栖に敗れて今季初黒星 9試合連続無失点の堅守を崩したのは“ビースト”林大地【拡大】

 明治安田生命J1リーグ第10節が18日に行われ、2位名古屋グランパスと5位サガン鳥栖が対戦した。

 9試合連続無失点の名古屋。GKランゲラック、中谷進之介、丸山祐市といったおなじみの守備陣に加え、前線には阿部浩之、前田直輝、マテウス、山崎凌吾が並んだ。

 だが、先手を取ったのは鳥栖。6分、酒井宣福のクロスにU-24日本代表FW林大地が頭で合わせ、名古屋に10試合ぶりの失点を与える。「ビースト」の愛称でも知られる林が、今季初めて名古屋からゴールを奪った選手となった。

 12分には名古屋のカウンターが炸裂。高い位置で吉田豊がボールを奪うと、前線へと走ったマテウスへとスルーパス。だが、シュートは枠の上へと外れてしまう。

 その後、激しいフィジカルバトルが各所で繰り広げられ、名古屋はなかなかボールをつなぐことができない。すると前半終了間際、セットプレーのこぼれ球を酒井が右足でミート。このシュートをランゲラックが弾ききれず、鳥栖が2点リードを奪う。

 後半から名古屋は柿谷曜一朗、米本拓司を投入。だが、鳥栖FW林と酒井の身体的な強さに苦しみ、なかなかチャンスを作れない。すると、森下龍矢と相馬勇紀の2人をピッチへと送り込む。

 終盤まで鳥栖の粘り強い守備の前に名古屋はゴールを割れず。それでも85分、クロスのこぼれ球を稲垣祥が右足でダイレクトボレー。DFに当たりながらゴールへと吸い込まれ、名古屋が1点を返す。

 アディショナルタイムは6分とられたが、試合は1-2のまま終了し、鳥栖が3ポイントを手にした。名古屋は今季初黒星となっている。(Goal.com)

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ