2021.4.18 19:53

川崎・小林、左脚負傷もプレー 鬼木監督「外に出すべきだった」

川崎・小林、左脚負傷もプレー 鬼木監督「外に出すべきだった」

同点で試合を終え、引き揚げる川崎・イレブン=等々力陸上競技場(撮影・蔵賢斗)

同点で試合を終え、引き揚げる川崎・イレブン=等々力陸上競技場(撮影・蔵賢斗)【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 明治安田J1第10節最終日(18日、川崎1-1広島、等々力)後半34分から途中出場した川崎の小林は43分ごろ、左太もも裏付近を手で押さえてピッチに座り込んだ。5人の交代枠を使い切っていたため最後までプレーしたが、十分に動けなかった。

 鬼木監督は「ピッチから出ろと話をしていたが、本人が(脚を)気にしながらやっている状況だった。(監督の)判断でしっかり外に出す仕事をするべきだった」と話した。

川崎・GK鄭成龍(12試合負けなしに)「誰が出ても全員が力を発揮できている。負けないという強い気持ちを前面に出して試合をしている」

川崎・小塚(移籍後初出場)「僕の課題は守備。どんどん良くしたい」

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ