2021.4.9 12:59

内田篤人氏が「こわっと思った」シャルケと日本代表の軋轢 マガト監督の恐怖の言葉

内田篤人氏が「こわっと思った」シャルケと日本代表の軋轢 マガト監督の恐怖の言葉

特集:
森保JAPAN
内田篤人氏が「こわっと思った」シャルケと日本代表の軋轢 マガト監督の恐怖の言葉

内田篤人氏が「こわっと思った」シャルケと日本代表の軋轢 マガト監督の恐怖の言葉【拡大】

 元日本代表DF内田篤人氏が、自身がMCを務める『DAZN』の番組「Atsuto Uchida’s FOOTBALL TIME」で代表招集について語っている。

 先日、ボローニャの日本代表DF冨安健洋がインテルミラノ戦で負傷。試合後にはシニシャ・ミハイロヴィッチ監督が「彼をなぜモンゴル戦で出場させたんだ? 日本はモンゴル戦、14-0で勝利したようだ。その試合で冨安は本当に必要だったのか?」と日本サッカー協会(JFA)、代表指揮官の森保一監督に不満を漏らした。

 これを受けて内田は「それは怒りますよ」と同調し、シャルケ時代にもクラブと代表の間にいさかいがあったと明かす。

 「『誰が金払ってるんだ!』ってシャルケの人が怒って…。(フェリックス)マガトが監督のときに原博実さんが技術委員長で話をしてくれて、『アジアカップに連れていきたい』と。そしたら、マガトに『アジアカップに連れて行くなら、内田を二度と使わない。新しいレギュラーを獲得してくる』って言われたらしい」

 しかし、当時の内田はアジアカップに参加することを決断。シャルケに戻ったあとも定位置を失うことはなく、「キープ。すれすれの綱渡りだった」と内田はコメントした。

 さらに内田は「でも『もう使わない』なんてそんなこと言う?こわっと思って」と、クラブと代表の軋轢を振り返った。(Goal.com)