2021.4.8 20:33

北村、浜田、木下の3選手が代表デビュー

北村、浜田、木下の3選手が代表デビュー

特集:
木下康介
後半、シュートを放つ浜田(13)=ユアテックスタジアム仙台

後半、シュートを放つ浜田(13)=ユアテックスタジアム仙台【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 サッカー女子の国際親善試合は8日、ユアテックスタジアム仙台で行われ、国際サッカー連盟(FIFA)ランキング10位の女子日本代表「なでしこジャパン」が同47位のパラグアイ代表に7-0で大勝した。

 北村、浜田、木下の3選手が代表デビューを果たした。21歳の北村は中盤右で先発。高倉監督は「足元にボールがよく付く。判断よくプレーに絡んだ」と評価した。28歳のFW浜田は途中出場で2本のシュートを放ったが、無得点だった。

 18歳の木下は終盤にトップ下で起用され、スルーパスを通して好機を演出した。わずかな時間で存在感を示し「デビューして五輪への思い、なでしこジャパンに選ばれていきたいという思いは強くなった」と話した。

試合結果へ試合日程へ代表メンバーへ